株式会社 ネクスト夕張ハルクス Next Yubari Co., Ltd.

会社概要 NEXT-YUBARI,Inc.

会社概要

社名株式会社NEXT YUBARI HALKS(NEXT-YUBARI- HALKS,Inc.)
所在地〒068−0403 北海道夕張市本町3丁目336番地
TEL 0123(57)7651
FAX 0123(57)7653
URL http://www.next-yubari.jp/
設立

2007年8月30日(平成19年)

資本金 1500万

企業全体 30名(パート・期間社員含む)

役員

代表取締役 千石慎弥
専務取締役 金沢信也
常務取締役 加藤和磨(非常勤)
監 査 役 冨樫宏次

経営理念次の世代が継承持続可能な企業づくり
企業理念地方に明るい産業を作り、次の社会を見据え動かしていく組織
企業目的夢と希望をもって挑戦できる人材育成
行動指針社員ひとりひとりの目的に向かって全体で動く
自らが率先し常に新しいサービスに挑戦する
ローコストに徹して持続可能な運営を目指す
ヘルスケア目標バランスの良い食事とこまめな水分補給を意識する
適度な運動で毎日ほどよく汗を流す
十分な睡眠とプライベートな時間作り
主な業務内容

業務内容
①旅行事業(北海道知事登録 旅行業 第3-754号)
・募集型企画旅行
・受注型企画旅行
・手配旅行(航空券/宿泊/バス/食事/施設/体験)
・ランドオペレーション/旅程相談等

②食販事業
・飲食店運営

 夕張市  めろんのテラス(ランチビュッフェ)

 栗山町  伊藤課長(大衆向け焼肉店)

 岩見沢市 西山酒店(スポーツ&フードBAR)

 旭川市  なごみ庭 豊岡店(全席個室居酒屋)

・販促事業(夕張メロン・夕張メロンゼリー等)

③受託請負事業
・夕張未来ツアー
・映像制作
・クレイアニメ製作体験
・地域上映会
・イベント及びコンベンション等企画運営
・スポーツ合宿企画受入
・ゆうばり国際ファンタスティック映画祭の実施企画運営
・幸福の黄色いハンカチ想い出ひろば団体受付窓口

会社沿革

平成19年8月2006年夕張市の深刻な財政難のあおりを受け公的開催が不可能となった「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」の復活を目指し、イベント企画運営を目的とする株式会社ネクスト夕張を設立
平成20年3月ゆうばり国際ファンタスティック映画祭の復活を遂げる(主催:NPO法人ゆうばりファンタ)
平成21年12月既存事業の利益追求による旅行業登録(北海道知事登録旅行業第3-574号)大手旅行会社より熟練した職員出向派遣協力を受け、同年全国旅行業協会に加盟し旅行事業を開始
平成29年5月グローバル化を目指し企業イメージ一新を図り株式会社NEXT YUBARI HALKSに社名変更
平成29年6月夕張市農協銘産センター2階に夕張メロン食べ放題付きランチビュッフェ「めろんのテラス」新規オープン
平成30年以降

平成30年12月 岩見沢市「西山酒店」統廃合の上、リニュアールオープン

平成31年2月  栗山町「伊藤課長」事業譲渡により取得

平成31年4月  旭川市「なごみ庭 豊岡店」株式会社アスクゲートより管理委託取得

個人情報の保護について

プライバシーポリシー株式会社ネクスト夕張ハルクス(以下「当社」)は、下記のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組を構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進します。
個人情報の管理当社は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。
個人情報の利用目的お客さまからお預かりした個人情報は、当社からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。
個人情報の第三者への開示・
提供の禁止
当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。
・お客さまの同意がある場合
・お客さまが希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合
・法令に基づき開示することが必要である場合
個人情報の安全対策当社は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。
ご本人の照会お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。
法令、規範の遵守と見直し当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。